企業向けのYouTubeチャンネル作成

企業向けのYouTubeチャンネル作成 

YouTubeチャンネルに映画のような外観を与える。
会社のイメージとブランディングを改善するために。

最近では、多くの企業がソーシャルメディアを利用してビジネスを紹介したり、マーケティングツールとして使用しております。これらすべてのオプションの中で、YouTubeチャンネルはブランドを世界に伝えるための最良のツールの1つであり、プロの映画のような見栄えを与えることは、差別化のために不可欠です。残念なことに多くの企業のチャンネルは、コミカルで伝わりやすい反面、ブランディング要素に欠けております。YouTubeを収入を得る為のツールではなく、ブランディングのツールとして使用できる企業こそ、始めるべきは、視聴回数や視聴者嗜好を無視した、ハイクオリティーなYouTubeチャンネルです。続々と似た様なチャンネルが増える今こそ、強烈な差別化を図るチャンスと考えます。

「映画のように見える」という言葉を読んだとき、おそらく最初に頭に浮かぶのは、視覚的なイメージ、高価なカメラ機材、そして強い画です。しかし実際に、それらの要素は、映画のような外観を表す、ほんの一部にすぎません。その「映画のように見える」を実現するには、視聴覚言語を完全に使用することが重要です。つまり、その雰囲気を作成するには、映像の詳細に加えて、台本、サウンドデザイン、アート、カラーパレットも非常に重要です。企業やブランドがこのような結果に到達するには、制作に関わる全ての人々組織が、うまくコミュニケーションする必要があります。

プロジェクトの堅固な戦略とイメージを構築することが重要であるため、多くの情報が必要とされます。カラーパレット、特定のサウンド、メッセージまたは特定の感情を正しく表現する音声がすべての情報から抽出され、YouTubeチャンネルで均一なキャンペーンまたはデジタルコンテンツを作成するために使用されます。

さらに、自分自身に関する情報は、聴衆とつながるための鍵となります。どんな会社で、彼らは現在何をしているのか、彼らがビデオから期待する結果、そして彼らが顧客とどのようなやり取りをしているのか。撮影商品に飛び込むだけでなく、情報を収集することの重要性を理解するには、関係する会社とデジタルエージェンシーとの良好な関係が必要です。

そして、そのすべての情報が確かなスクリプトと外観に変換された直後に、カメラとレンズが選択されます。それらが高価であるかどうかではなく、配信されるメッセージに合わせて調整されます。

撮影が完了すると、そのスクリプトは視聴覚作品に変換されます。このミューテーションでは、最初に収集された情報も使用され、パスがまだしっかりしていて明確であることを確認します。もちろん、ポストプロダクションの最後の例では、メッセージの精神を維持するために、クライアントと会社の絆を築くために、いくつかの詳細がブレンドされます。さらに、さまざまな動画がYouTubeチャンネルにアップロードされる順序、サムネイルはそれらのために選択され、選択されたキーワードも計画された結果に到達するために重要な役割を果たします。

Anfibia Studioでは、常にそのような確固たるメッセージと一貫した戦略の構築に取り組んでいます。会社、製品、ターゲットに関するすべての情報を歓迎し、分析して、特定の詳細を抽出します。これにより、ターゲットに到達し、メッセージを強力に広めるように設計されたコンテンツで作業できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA